佐々木建設株式会社

Home > 愛犬との快適な暮らしを求めた、十勝の住まい

愛犬との快適な暮らしを求めた、十勝の住まい

お二人とも無類の愛犬家であるAさんご夫婦。愛犬にとって都会の生活は不自由だと感じ、旅行で何度か訪れていた憧れの北海道へ。 愛犬とともに仙台から移住してきたのは8年前のことでした。

「見渡す限りの広々とした平野。愛犬も自由に遊べると思って、暮らすなら十勝と決めました」とAさん。

帯広市内の古い借家住まいから、待望の持ち家をと探し求めた土地は、中札内村にありました。住宅街にありながら、裏には旧広尾線跡の遊歩道と目の前に広がる畑の情景に惹かれたといいます。

滑って転ばないよう床材をコルクタイルにしたほか、共働きのご夫婦を持つ留守番コーナー兼散歩後の足洗い場など、愛犬のために設けられた工夫が随所に。

OMソーラーの換気システムのおかげで、動物特有の臭いもこもらず、常時、新鮮な空気が室内に流れています。冬暖かく夏は涼しい作りなので、夏が苦手な愛犬たちも快適です。

「愛犬が遊べる庭が手に入るのも十勝ならでは。私たちも快適なこの家で、この子たちと一緒に末永く暮らしていきたいです。」

トップへ戻る