佐々木建設株式会社

Home > OMソーラーについて

OMソーラーについて

 

ソーラーというと、太陽光発電を思い浮かべると思いますが、OMソーラーが利用するのは「太陽の熱」と「空気」。 OMソーラーの「OM」は、「オモシロイ&モッタイナイ」を意味します。 「太陽の熱」と「空気」、という自然から賄えるエネルギーを上手に利用したのが、この「OMソーラーシステム」。 このシステムは、太陽熱を利用すると同時に、空気を利用するという点が大きな特長です。 冬は屋根で太陽熱を取り込み、コンクリートに蓄熱して床暖房にします。 夏は夜間の涼風を室内に取り込み、部屋の温度を過ごしやすく快適なものにします。

「太陽の光」を集め、家の中に熱を貯める。貯めた熱を「空気」で上手に流すことにより、 夏は夏らしく、冬は冬らしい快適な環境で四季を過ごす事ができるのです。

OMソーラーがなぜ良いのか?

OMソーラー
OMソーラーがなぜ良いとされるのでしょう? その秘密は「設計」にあります。 設計を「吹き抜け設計」にすることにより、家全体に空気を回し、補助暖房なしで家の中の温度を一定に保つ事ができます。 常に換気がされている状態なので、ペットの匂いや料理の匂いも残らず、空気はキレイなまま。 アレルギーをお持ちの方にも、優しい住まい環境となっております。 また、一軒の家で消費するエネルギーの約7割が、暖房・給湯などの熱に関すること。 その中の大半が灯油・石油といった化石燃料によって賄われています。 その部分を太陽という自然エネルギーを利用することで、化石燃料の消費を抑え、 CO2を削減することができます。 そしてOMソーラーの良い所は、なんと言っても「余った熱でお湯がとれる」こと。 お湯を沸かさずにお風呂に入れたり、冬場の洗い物にも大活躍。 与えられたエネルギーは無駄にせず、様々な場面で「エコ」に繋ぐことができるのです。 OMソーラーをもっと知りたい

トップへ戻る